カテゴリ:花粉症( 10 )

昨日は暖かくて、いいお天気でしたね〜
久しぶりの晴天で嬉しくなって
布団を干したら、夜中にえらいことになりました。

くしゃみは出るわ、鼻の奥がツーンとするわ、目が痒いわで
眠られませんでした。

アホです。

花粉に包まれて眠るなんて・・・
仕方なくゴソゴソと起き上がってマスクを付けてようやく眠りました。

これから2ヶ月。辛いわぁ〜
b0068412_15454789.jpg

桜も散って、季節は夏へ向ってるっていうのに
まだ鼻づまりの私。

杉の飛散がおさまって、檜になったところで
マスク姿のお友達がどんどん減って
皆何事もなかったかのようなのに、爽やかに闊歩している。

悔しい。

なんで、未だすっきりしない。
っていうか前よりキツイじゃないかい。

昼間は外に出なけりゃ、なんとか過ごせるけど
どうして、
どうして、夜中にあんなに鼻の奥が痛くなるんだい?
お陰で最近睡眠不足で、仕事の能率が悪い。
お昼食べたら眠いし。

ソファーベッドがあったらいいのになぁ〜と思うこの頃。
情報番組で『花粉症に効く』などの文字も見つけると
ついつい見てしまう。
先日も、「スパスパ人間学」で特集をしていた。

なんでも、レンコンに含まれる成分が効くらしい。
レンコンの煮汁にオリゴ糖を混ぜて朝晩飲む。
更には、レンコンのおろし汁を綿棒に含ませて
鼻の穴に塗り塗りする。
決して他人様には見せられない図だが、
もう鼻の周りがヒリヒリ状態だし、
夜中に何度も起きるし、やるしかない。

ということで、今夜はレンコンを煮るぜ〜おろすぜ〜
ゴーヤも食べるぜ〜(こりゃ関係ないか)
今日は実にいい天気です。
気温も穏やかで、というか暑い。
スーパーじゃクーラーが入ってました。

真っ青な空を見上げて思う。
この抜けるような青空には、無数の花粉が飛び散っている。

そう思うだけで
鼻がムズムズ、目がカユカユだ。

チクショーーーー 青空のバカやろーーーー

皆さんは温暖な季節をお楽しみください。
私は隠ります。
子どもの頃、何もしていないのに鼻血がつ〜っと出ることがあった。
姉は「白血病なんじゃないか」ととても心配したそうだ。
テレビの見過ぎだっちゅうの。

家庭の医学なる本を見て、母が大根の汁を私の鼻の穴に入れた。
最近でこそ青首大根は甘いけど、あの頃の大根はとにかく辛かった。
そんな汁を鼻に入れたらどうなるか。

きぃーーーーーーーん

失神しそうなくらい脳天に衝撃が走った。
けど、その日以来鼻血はとまった。

ということで、最近鼻をかむ度に血が混じるので
再び自ら大根の汁の刑を実行した。
しかしあの時の

きぃーーーーーーーん

がない。大根が甘くて美味しかった。
ということで劇的な結果は得られず。
けど、鼻詰まりは軽くなったのである。
気が付けば 口呼吸の 今日このごろ

ますます花粉が体内に入ってしまうのだ。
いかんなぁ〜
b0068412_1714047.jpgシドニーに住むももずさんからの贈り物が届きました。
ティー・トウリー・オイルです。
花粉症にいいってことで、本場オーストラリアからわざわざ送ってくれました。

殺菌作用に優れ、免疫力アップに効果ありだとか。
使用方法は、いたって簡単。
にきびが出来たら原液を綿棒につけて直接患部を消毒。
コップに数滴たらしてうがいをすれば風邪予防。

早速開封してみる。
草の香りがします。
熱湯を入れたコップに数滴たらしてみると
香りがぱっと広がる。
ゆっくりと湯気を吸ってみる。少し鼻のムズムズが解消されたような。
一昨日あたりから夜間の睡眠中に鼻が痛いので
今夜は枕元にオイルをしみ込ませたタオルを置いて寝てみよう。

ももずさん、ありがとうね〜〜〜!
花粉の季節に欠かせないのが、ミント系のガムと飴。
選ぶ時のポイントはシュガーレス。

「歯にやさしい シュガーレス」と書かれているものを手に取るんだけど
裏面の原材料を見ると、水飴って書いてあるんですけど。
確かに砂糖とは書いてないから、シュガーレスなんだろが
歯にとっては、砂糖も水飴も虫歯の原因としては同じじゃないんだろうか。

ん〜よく分からん。
朝、鼻をかむと血が滲んでいる。
そろそろマスクしなきゃいけないかな。

嫌な季節……

そういや「はなぢ」っていう野沢直子のCDがあったなぁ〜
若い人にはわからないと思うけど。
花粉予防のために、去年までは甜茶を飲んでいたけど、
あの味好きじゃないので今年は飲んでない。
「甜」の字がなかなか変換できなくてイライラするし。
これは関係ないか…

というか、去年は例年になく花粉が少ない年で
重症(だと思う)の私でさえ、殆ど症状がでなかった。
しかし今年は物凄い量の花粉が襲ってくるらしい。
お陰で花粉グッズが大ヒット。
製薬会社などはウホウホと桔梗屋のような面持ちのはずだ。

「花粉に効く」といってはドリンクが発売され、
「お鼻スッキリ」と喉飴が発売され、
「花粉をシャットアウト!」と鳥の嘴のような立体マスクが店頭に並ぶ。
発売された当初、誰があんなマスクするねんと思っていたのに
今じゃ普通に見かける。違和感も感じない。
慣れって恐ろしいもんだ。

この時期になるとテレビも新聞も雑誌もこぞって「花粉」の文字、文字。
鬱陶しい。
あの二文字を見るだけでブルーになる。
マスコミも騒ぎすぎなんじゃない?

桔梗屋とオーバーリアクションマスコミに対抗すべき今年の私の武器は、「ヨーグルト」
去年のうちから毎日「ヨーグルト」を食べている。
年が明けてからは最低でも朝晩の2回。
休日は3回摂るようにしている。
それが効くかどうかは今年の花粉シーズンが終わらないと分からない。
しかし一番大切なのは、規則正しい生活と睡眠なのだが…