人気ブログランキング |

カテゴリ:Art( 172 )

b0068412_17325384.jpg

・川西市立 ギャラリーかわにし
・2011.12.14(水)〜19(月)
 10:00〜19:00(最終日17:00)

賛助出品 多納 三勢
b0068412_14381170.jpg

2011.11.27(日) PM2:00
みつなか文化ホールサロン1Fにて
料金:1,000円
企画 構成:朗読「和(やわらぎ)」

なんか、画像がでっかい。ま、いいか。
b0068412_16214933.jpg

b0068412_1622430.jpg

2011.10.27-11.1
ギャラリー永井にて
10月9日に手風琴さんへ行ってきました。
初田隆展が開催中です。
版画、と思いきやどの作品も手描きの一点ものなんです。
微妙なバランス感が面白いです。
また、震災後、宮城県で拾った木片を使ったオブジェも展覧されています。
会期は11月27日までの日曜日のみ(11/13は休館)。
詳しくは、こちら
b0068412_1133029.jpg
b0068412_11324619.jpg

b0068412_11331319.jpg

混声合唱団の演奏会のお知らせです。
b0068412_10591066.jpg

混声合唱団ヴェルデ・リーガ 創立5周年 記念演奏会

2011.10.16.Sun 14:00開演
川西市みつなかホール
入場無料
■第6回 龍&M3人展
ただ今開催中の展覧会です。
b0068412_14172055.jpg

2011.10.5(水)〜10(月)
AM10:00〜PM7:00(最終日PM5:00)

川西市立ギャラリーかわにし

指導・特別出品
  塚本 龍
出品者
  桝村 郁治
  湯淺 ろく哉
  米田 幸雄
手風琴さんの次の展覧会です。

ポスター
b0068412_17571426.jpg

案内はがき
b0068412_1758341.jpg


初田 隆 展
2011.10.2-11.27(日曜日のみ開館) ※11.13は休館 AM11:30-PM5:00

Takashi Hatsuda
1956年 兵庫県生まれ
1978年 神戸大学美術科卒業
1991年 同大学院修了
1978年より行動展に出品(1979年奨励賞、1988年新人賞、1999年会友賞)。
安井賞展(1989)、浅井忠記念賞展(1997)、
前田寛治大賞展(2001)、現代美術選抜展(2001)、青木繁大賞展(2004)、現代日本絵画展(2004)、
星野眞吾賞展(2008)等に入選。
行動美術協会会員、兵庫教育大学大学院教授

ぎゃらりぃ手風琴
川西市湯山台2丁目25-21
(川西能勢口より阪急バス湯山台行き「湯山台」バス停下車、徒歩1分)
川西市湯山台にある「版画ぎゃらりぃ手風琴」で塚本龍展が開催中です。
b0068412_118991.jpg

正面の作品は、能勢電鉄がまだ単線だった頃の昔懐かしい畦野駅の様子です。
夏の日差し、冬の寒風を遮った建物。
今ではガラス張りの待合室が多いですが、昔のものには温もり・情緒がありますね。
この作品のみ油彩。他は水彩の作品です。
b0068412_11145273.jpg

塚本氏の作品は、近くで見ると(こう言っちゃなんですが)割とアバウトな筆遣い。
でも、離れていくにつれ光の反射、緑の重なり、遠近感が浮き上がってきます。
そして、この光が反射している「白」。
油彩なら上から塗り足すのでしょうが、水彩の場合、画用紙の白を残しています。
光の方向・強さを最初から計算して細部を描いていく。
すごい技術です。
上手く説明できませんが、魔法みたいです。
魔法にかかってみたい方は、是非「手風琴」を訪れてみてください。

■手風琴(川西市湯山台2-25-21)阪急バス湯山台バス停徒歩1分
 2011.7.3まで(日曜日のみ開館 ※6/5は休館)
 午前11:30〜午後5:00 無料

さて、「かわにし祭り」の後で「ぎゃらりぃ手風琴」さんに行ってきました。
ただ今の催しは、山口謙二展。
b0068412_1472937.jpg

ハガキとポスターを制作した時に作品の写真を見せてもらっているのですが、
会場に来てびっくり。こんなに大きな作品とは!
b0068412_1484632.jpg

鉛筆で描かれています。
一本一本の線が見えるんです。
b0068412_14101396.jpg

こんな可愛い立体作品もあります。

会期は11/28まで。日曜のみの開館なので、11/21と11/28の二日です。
お時間ある方はどうぞお出かけください。

版画ぎゃらりぃ手風琴 川西市湯山台2-25-21 AM11:30-PM5:00
川西能勢口駅より阪急バス湯山台行き「湯山台」バス停下車、徒歩1分

手風琴で開かれている黒崎彰版画展に行ってきました。
b0068412_1439508.jpg

↑奥の大きな作品は今年の新作だそうです。
b0068412_14422226.jpg

小さな作品も展示されています。
版画でありながらグラデーションが密で鮮やか。
漆黒が他のカラー、特に赤を引き立てています。
b0068412_14441019.jpg

CDの盤面にも版画。こんなこと出来るなんてびっくり。
70歳を過ぎた今でも新しいことにチャレンジする姿勢が素晴らしい。

黒崎彰版画展は27日(日)が最終です(日曜のみ開館)。
お時間のある方は是非ご覧ください。
場所:手風琴 川西市湯山台2-25-21 11:30〜17:00