絶筆

b0068412_1154457.jpg

中島らもの「ロカ」を読んだ。
氏の最後の作品。
連載中に亡くなったので
当然のことながら蜜柑、じゃない、未完である。

作品中に、「更正に服用した薬の副作用で足元がフラフラする。
階段を降りる時が恐い。転げ落ちるのではないかと思う」という行があって
ドキリとした。
そのままの結末だったわけだ。

で作品は、これがまた面白そうなところでプツリと途切れる。
あぁ〜この先どうなるの。読みたい。
けど誰も結末を知ることは出来ない。
作者ですらまだ決めかねていたのかもしれない。
[PR]
by art-design | 2005-11-18 12:02 | Books | Comments(4)
Commented by ももず at 2005-11-18 12:36 x
らもさんのも1つの遺作、映画「父ちゃんのバックドロップ」(だっけ?)も気になります。すごい感動作ねんなぁ???


Commented by murap3 at 2005-11-18 13:32
いずれ天国で読めるよ。←エンギでもねー。(笑
それまで楽しみにしよっと。ぷじおも。
Commented by art-design at 2005-11-18 17:31
ももずさん
そうそう、あの映画も見たいなと思いつつ
出演者に魅力を今ひとつ感じなくて、見なかったんだと思う。
どんなストーリーなんやろ?
Commented by art-design at 2005-11-18 17:32
ぷじおさん
そういう考え方もあるね。
けど、天国に行く頃にはこの作品のこと忘れてるような気がする。