とりあえず

図書館へ行ってみた。
案の定、村上春樹の主な作品は貸し出し中。
「海辺のカフカ」があるじゃないかーっと思ったら、下巻だった。
さすがに下巻→上巻という流れは無理なので諦める。

とりあえず何冊か予約を入れて、短編集「カンガルー日和」を借りてみる。
ショートショートかっていうくらい一遍が短い。
ある意味、潔くて気持いい。

それにしても、ハルキの作品を探していたら、
やたら目に付くのが「村上龍」。
一瞬、ハルキの名字を忘れて「村山春樹」だったっけー?と悩んでしまった。
龍さんも作品多いっすね。
ももずさんご推薦の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」は
何と30人待ちなので、購入。
書店で題名を全部言うの面倒だったので、
「さおだけ屋、どこですか?」と尋ねたら、ちゃんと通じた(笑)
とりあえず読んでみるね。
b0068412_16152887.jpg

[PR]
by art-design | 2005-10-07 16:16 | Books | Comments(2)
Commented by ももず at 2005-10-11 12:27 x
さおだけや、すぐ読めるよ!目からウロコ、って話ばっかりです・・・。
数字のセンスがあったなら~~;
Commented by art-design at 2005-10-11 17:27
ももずさん
数字のセンス・・・・あるかなぁ〜
けど、さおだけ屋が生き残ってるのは常々疑問ではあった。