フィンランドのくらしとデザイン@神戸

兵庫県立美術館で開催されている「フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活」展に行ってきました。
b0068412_1424359.jpg

歴史的な絵画や家具・照明器具・食器・タペストリーなどが展示されていました。
中でも人気だったのはトーヴェ・ヤンソン(ムーミンの原作者)。
今はテレビでアニメの放送はしてないはずなんですが、
会場には若い観覧者が多くて、直筆のムーミンの原画コーナーでは長い行列!
やっぱり美術館は平日に来たいな、としみじみ思いました。

ヤンソンのコーナーを過ぎると、
ロングセラーを誇るイッタラ社の食器やアアルトの照明器具のコーナー。
シンプルで優しいラインが印象的な製品の数々。
展覧最後では、展示物と同型の椅子に実際に座ることができます。
アームチェアがなかなかに気持いい。一眠りしたくなりました。
b0068412_1524421.jpg

エントランスに可愛い小屋がありまして、
中を覗いてみると、こんな可愛い光景でありました。
b0068412_156845.jpg

会期は、3月10日(日)まで。
興味のある方は是非、行ってみてください。
巨大蛙が出迎えてくれます。

※次のページをプリントアウトしたもの、もしくはスマホ画面で表示して販売窓口で提示すると、当日入場料が100円引きとなります。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/waribiki/y1301.html

詳しくは、兵庫県立美術館のサイトで

アート・デザインのfacebookもご覧ください。
[PR]
by art-design | 2013-02-13 15:18 | Art | Comments(0)