deepな京都@伏見稲荷 Part 2

本殿でお参りをしたら、かの有名な千本鳥居へ。
はい、ここが超有名な鳥居が二手に分かれる場所。
CMやサスペンスドラマで度々登場するので、ご存知の方も多いはず。
b0068412_10524721.jpg

鳥居だけを撮影することが出来ません。
鳥居の続くところに必ず人が居るのです。
b0068412_1054912.jpg




千本鳥居を抜けると右手に「神宝神社 徒歩二分」の小さな標識があります。
そこを上り、細い山道を進みます。
b0068412_1124647.jpg

現れたのが、伏見神寶神社(かんだからじんじゃ)。
b0068412_1143081.jpg

心願成就の神社で、今年の干支であるである辰の神社なので行ってみることにしました。
b0068412_1155549.jpg

この神社が平安京の辰巳(南東)にあたり、辰は天龍、巳は地龍をさす。
天と地をつなぐものとして狛龍がいるそうです。
b0068412_1194714.jpg

殆どの方はそのまま鳥居に進んで、伏見神寶神社まで訪れていません。
しかし、芳名帳には遠方からのお名前も多く、知る人ぞ知る神社のようです。

さて、我々も鳥居に戻り上を目指します。
少しずつ勾配がつき、階段となります。
b0068412_1142310.jpg

「しんどいなぁ」と思う頃に、いい塩梅でお茶やさんが出現。
「あぁ、きつねうどん食べた〜い」でも、まだまだ上に進むのだ。
b0068412_11203641.jpg

b0068412_11212981.jpg

空腹を我慢し、階段を我慢し、話すのも面倒なくらい息が上がるのも我慢し
ようやく、四つ辻と呼ばれる開けた場所に到着。
京都市内が見渡せます。気持ちいい〜!
b0068412_11252086.jpg

ベンチなどがありまして、みなさんお弁当やアイスを食べたり、休憩をしています。
我々はここにある「仁志むら亭」というお店で昼食をとることに。
このお店、俳優の西村和彦さんのご実家が経営されています。
でも、サインや写真等が一切ないので気づかない方が多いでしょうね。
b0068412_1135214.jpg

さて、私は「にしんそば」を注文。おいし〜い。
b0068412_11303119.jpg

伏見在住Rは「暑い暑い」と言いながら、「鍋焼きうどん」を注文。
さらに、「やっぱ、いなり寿司っしょ」と追加。
やや小ぶりのサイズで食べやすく、ペロリといただきました。
b0068412_11325277.jpg

こちらは「仁志むら亭」の店内。眺めがいいです。京都タワーも見えます。
b0068412_11342860.jpg

なんか、懐かしい感じだったのでパチリ。
b0068412_11362448.jpg

この四つ辻までがおよそ30分。ここで下山される人が多いです。
すでに達成感80%くらいですが、
我々はさらに上を目指し、一の峯まで行くのであります。
ということで、まだまだ続くよん。
[PR]
by art-design | 2012-05-08 11:43 | Photo | Comments(0)