銅版画 広田 雅久 回顧展

b0068412_10584897.jpg

■ぎゃらりぃ手風琴 
 川西市湯山台2丁目25-21
 (川西能勢口より阪急バス湯山台行き「湯山台」バス停下車、徒歩1分)

■2012.6.3−7.22(日曜日のみ開館)
 AM12:00-PM5:00 ※ 6.17と6.24は休館

■広田 雅久 Masahisa Hirota
1927年大阪市に生まれる。'50年同志社大学文学部を卒業。
東光会会員河井達海に師事。'69年春陽会会友に推挙。
前田藤四郎・二見彰一の薦めもあり、銅版画を制作し始める。
'71年第48回春陽展で新人賞受賞。'77年春陽会会員(版画部)推挙。
'86年ノーベル賞顕彰財団(スウェーデン)より「灯台シリーズ」10作品、各30部のオリジナル版画の制作依頼を受け、'87年に完成納入。
'92年東京都営団地下鉄メトロカードの四季シリーズ原画制作。
'95年豊田市の松欅堂美術館で個展開催。また、遠藤周作、曾野綾子など著名な作家の表紙絵を手がける。
2000年には鳥取県伯耆町に『大山版画館』を開館。
[PR]
by art-design | 2012-04-25 11:01 | Art | Comments(0)