入院のこと(9) 雑感

入院が決まった当初、準備品は既にあるもので賄おうと考えていました。
汚れたら捨てちゃえばいいや、という思いがありました。
しかし父の入院の経験から、パジャマの予備は多めにある方が良いと思っていたので、スーパーの割引の日に買いにいきました。
そしたら、どうしたことか火がついてしまい、下着やソックス、それらを入れる布袋まで購入。
無駄遣いしてしまったかな、と若干後悔しましたが、結果的には正解。

普段でも新品のものを身につける時はウキウキします。
狭い空間の病室で一日を過ごす入院生活では、楽しみは殆どなく、そんな中で新しい衣類に腕を通す事はことの外嬉しく、明るい気持ちが芽生えてきます。
入院する方がいらっしゃったら、全てとは言いません、少しだけでもおニューを用意しましょう。




さて、結果的に私の子宮には筋腫が7、8個あったらしいです(指先程の小さなものから7cmの大きなものまで)。
術後、母と姉がN先生に摘出した筋腫を見せてもらい携帯で撮影。後で見せてもらいました。
「多発性子宮筋腫」というのだそうです。
このタイプは筋腫を摘出しても再発の可能性が高いらしい。いややなぁ〜
でも、今から再発のことを考えてもしょうがないので、「出来るなよ〜」と時折お腹に念じることにします。

子宮筋腫は珍しい病気ではなく、現代女性ならば大抵あるそうです。
小さければ全く自覚症状がなく、子宮の外側にできれば痛みもないのです。
私の場合、自分で気づき腹腔鏡で摘出できました。
しかし、放っておくと大きくなり開腹手術をしなければいけない場合もあります。
そうならないためにも、生理痛がひどくなった、貧血、頻尿、しこりがある等不安なことがあれば出来るだけ早く病院で診察してもらいましょう。
事前に病院の評判を聞き込むことはお忘れなく。
[PR]
by art-design | 2012-06-19 14:42 | Comments(0)