deepな京都@伏見稲荷 番外編

えっ、まだ続くの? と思った方いるでしょうが、
deep な京都はそう簡単には終わりません。
今週は伏見 special week なんです!(キッパリ)

お稲荷さんを出ますと、土産物屋さんやお茶屋さんがひしめいております。
うずらの串焼き、冷やしあめ、鯖寿司・・・
なぜか沖縄ハブの干物を売ってるおじちゃんもいたりする(なぜにハブ?)

私も何かお土産をと、近くのお店でお煎餅を買おうとしたら、
友人Rが「こっちの方がええよ」と案内してくれたのが
総本家 宝玉堂さん
b0068412_117516.jpg

昔ながらの手焼き煎餅で、様々な種類のお煎餅が並んでいます。
わー美味しそう。どれにしようが悩んでしまう。
b0068412_1110968.jpg

でもやっぱり、これでしょう。
ビジュアルのインパクトも飛び抜けていますが、お味がまた上品。
味噌の香りが口の中でふわりと広がり、なんとも懐かしい味がします。
b0068412_11155246.jpg

お会計を済ませると、「これどうぞ」と鶯豆のお煎餅を一枚ずつくれました。
いただいたお煎餅をかじりながら歩くのも、また楽し。




喉も渇いてきたので、小粋なカフェへ連れていってもらいました。
懐石カフェ 蛙吉(アキチ)
何か物語の始まりのような入り口です。
b0068412_1123481.jpg

夕方で空いていたので、奥のテーブルに案内してもらいました。
b0068412_11265546.jpg

手作りスイーツ6種盛とじゃばらスカッシュを注文。
色目も鮮やか、上品な甘さで美味しい〜
b0068412_112881.jpg

こちらでは、お食事時には懐石料理が楽しめるようです。
詳しくは、蛙吉(アキチ)さんのサイトで。

京阪電鉄の伏見稲荷駅。雰囲気出てます。
居眠りしてここで目が覚めても「おっ、稲荷」ってすぐに分かります。
しかし、おけいはん(京阪電鉄の愛称)の車両の色かわりましたね。
なんでも、中之島線が出来た時に変わったらしいけど、あの中途半端な黄緑色が懐かしい。
今でも座席が天井まで上がったりするんやろか?
b0068412_11345977.jpg

帰り際に友人Rがお土産をくれました。
ひとくち のしするめ 味わいめぐり
b0068412_11363615.jpg

またまた、私のツボではないか。見るだけで美味しそう。
なんと、この中には、うに・のり・胡麻・蜜焼き・みそ味・こんぶ・剣先・ホットなど
11種のするめが入っているのです。
早速食べてみる。
b0068412_11421177.jpg

うまーーーーーーーい! もう止められない、止まらない。
Rいわく「これも伏見のソウルフードなのだよ」
今度伏見に行ったら、絶対に買う!
詳しくは、京するめノ里のサイト

さてさて、このブログ見て「伏見行ってみたいわ〜」と思ってもらえると嬉しいです。
見るとこいっぱいあります。
京都駅からも近いし、京都観光に来られたら伏見まで足をのばしておくれやす。

んじゃ、最後にほんとに番外編。
「こんな所でまで撮影せんでも」と言われそうですが、京都らしいわ〜と思って(笑)
b0068412_11505595.jpg

[PR]
by art-design | 2012-05-11 11:51 | Photo | Comments(2)
Commented by kyokoka1970 at 2012-05-14 11:42
最後のするめいか、、絶対ゲットします(笑)
京都シリーズ楽しく見てました。是非行きたい。近いし。
先日、知り合いが多田神社の宮司さんの娘さんと友達で
びっくり仰天でした。今度遊びにいきまーす
Commented by art-design at 2012-05-14 12:22
kyokokaさん
するめ、お土産物に最適だと思います。是非ゲットして下さい。
うちで昔飼っていた犬(シェルティ)の孫犬が多田神社さんで飼われていました。大分前のお話ですが。
多田神社いいとこですよ〜 今年は大吉だったし(笑)