映画「阪急電車」

映画「阪急電車」を見た。
物語の舞台は、兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から
兵庫県西宮市の西宮北口駅を結ぶ阪急今津線。
片道たった15分のローカル線だ。
その車内で起こる様々な人間模様がうまく絡みあう。

アート・デザインのある兵庫県川西市は阪急宝塚線川西能勢口駅すぐ。
事務所の窓からは大阪・梅田行きや宝塚行きの阪急電車がいつも見える。
西宮や神戸に行くときには、もちろん今津線経由となる。
なので、見覚えがる光景が多く映し出されて楽しい。

原作は「フリーター、家を買う。」の作者としても知られている有川浩。

物語は、往路と復路という構成になっていて
往路での出来事を経て、復路でその後を描いているのが面白い。

私のお気に入りは、相武紗季ちゃんがDV男の携帯を真っ二つにへし折って
水の入ったコップに入れるところ。
実にスカッとする。私もやってみたい。
けど、スマホ時代の今となってはちょっと無理か。
b0068412_115345.jpg

こないだ甲子園に行った時に撮った写真。西宮北口にて、今津線電車。

阪急電鉄のサイトにロケ地情報があったのでご紹介。
マップ片手にうろうろするのも楽しそう。
玉山鉄二みたいな男前とフロインドリーブに行ってみたいわ〜♪
b0068412_1184494.png

[PR]
by art-design | 2012-04-26 11:10 | Daily | Comments(4)
Commented by ぷじお at 2012-04-26 12:49 x
鉄二男前すぎ初めて負けたとおもった。
あほや。
Commented at 2012-04-26 14:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by art-design at 2012-04-27 10:58
ぷじおさん

玉鉄とR・デニーロは系統が違うから、比べられへんのよ。
和菓子と洋菓子って感じかな(笑)
Commented by art-design at 2012-04-27 11:00
鍵さん

玉鉄さん、関西弁が巧いと思ったら京都出身なんですね。
映画「ハゲタカ」の時もカッチョよかった!