Apple Mighty Mouseの掃除

さて、本日は「アップルマイティマウスの掃除」方法です。
このアップルのマウスのスクロールは、上下左右斜め、ありとあらゆる角度の動く。
ネット閲覧だけなら上下スクローツだけで十分だが、
エクセルやイラストレーターを使う時に、左右に動くというのが便利。

ところが、ある日突然左右に動かなくなってしまった。
オークションで落札を試みるも、あと一歩のところでかっさらわれる。
中古品を使用したところで同じ現象が起こることも考えられるので、お掃除してみることに。

まずは、両面テープを用意。
たまたま事務所には「強力タイプ」があったが、「普通」でも十分と思う。
むしろ「普通」の方が使いやすいかも?
b0068412_1205866.jpg

両面テープを幅4mm程にカットして、スクロールボールのすき間に挟み込む。
b0068412_12217.jpg

別の角度からのショット
b0068412_1223044.jpg

テープが内部に入るようにボールを回転させる。
テープが指にくっつくので、ピンセットを使うとやりやすかった。
すき間が狭くてなかなかやりにくいが、色々な方向から何度もチャレンジ。
すると、こんな大物が・・・
b0068412_1244766.jpg

めでたく、マウス復活です。
ちょっと面倒ですが、買うより安いです。お掃除してみてください。
[PR]
by art-design | 2011-03-25 12:07 | Daily | Comments(0)